ランニングをしていますよ

今日もブログを書きます!

ランニングについて書きます!

はじめます!


きっかけ

減量のために、去年の5月から始めました。ちょうど1年半まえのことです。

それ以前から、ダイエットについてはいろいろと試行錯誤しておりまして、行きついたのが(自分に関していえば)食事の制限だけではダメみたい、という結論でした。

ダイエットに関してはかなり長く苦しんだ歴史のようなものがあったりしますので、機会を改めて書きます!


ランの様子

平日(お店のある日)

基本的に、一日2回、朝の起床直後と夕方~晩お店が終わった直後に走っています。月間300キロを目標にしているので、一日あたり約10キロ、朝晩各5キロづつ・・・とうまく配分できることは極まれで、起き抜けは寝ぼけている/気持ちも乗らない/体もうまく動かない、で碌なことにならないので、本当に調子のいい時以外は2キロから3キロ程度を早歩きを少し早くしたくらいのペースで走ります。

むしろ夕方のほうが仕事終わりで疲れているはずなのに、よく走れたりします。おそらく体が十分に温まっていて、ほぐれた状態だからでしょう。通常7~8キロ、調子が出ていれば15キロくらいまでは距離が伸びてくれます。

休日(お店が休みの日)

店休日は距離を稼げる貴重な日です。午前中、体育センターから帰った後昼食をとる前に10キロ~15キロ、調子がよければ20キロくらい行けることもあります。

目的地を決めて走るのも楽しいですね。

少し休憩できるのでショッピングモールを目指すことが多いです。

img_20160915_182524-1

桶川のベニバナウォーク(家から約5キロなので、普段からしょっちゅう通ってます)

img_20150915_165345

これはモラージュ菖蒲(約10キロ)

img_20151117_104133

イオンモール羽生(約15キロ)

img_20151208_151018

ここは東武東上線若葉駅前にあるワカバウォークというモール(約17キロ)

普段車でしか行かないような場所でも、自分の足を使ってみると距離としては意外と近いんだなと発見があったりしますよ。

 こんなの使ってます。

ランニングの記録にはスマートフォンのアプリを活用しています。

 ↑iOS用

 ↑Android用

↓これ、実際のアプリの画面です。

画面のように使用開始からの累積距離はもとより、GPSを使って走行ルートや、単位距離当たりの速度、走行時の気温、天候、使用した靴なども記録してくれます。

1年半で4,800キロ、我ながら、頑張っているなぁ(´・ω・`)

※最新のバージョンでは環境によって不具合が出ているようで、私は古いバージョンを使用しております。

各ストアで同様の機能のアプリがいくつかありますので、いろいろ試してみて、手に馴染むものをお使いになることをお勧めします。

 それからスマートフォンを体に固定するためのウェストバンドと、夜間走行時用にLEDランプのアームバンドを使ってます。

ランニングで変わったこと

ランニングを始めてから体にも、生活環境にもいろいろ変化が現れました。少し並べてみますね。

体の変化

体重

体重は確かに落ちました、開始時からマイナス4㎏くらいのあたりを行ったり来たり。

え?1年半も続けてたったのそれだけ?と思われるかもしれません。

確かに体重を落とす目的だけならもっと減らすことができるとは思いますが、単純に数値上の体重を落とす≒脂肪といっしょに筋肉の量も同時に落ちている、ともいえます。

筋肉の量が少なくなるということは、代謝の量が少なくなるということに他なりませんし、ひいてはそれがリバウンドの原因になるのではないのかな、という考え方から、筋肉の量は落とさずに(むしろ筋トレなどで増やしつつ)体重を一定の値に安定させるように(意図的に)しています。

健康状態

よく、健康のためにランニングなどの運動を!などと言われたりしますが、走ることで健康になっているかどうかは正直わかりません。

走り終わると、やっぱり結構疲れますし、その疲れが翌朝までに取りきれないこともあります。

フォームが悪かったのか、膝を痛めてしまったこともあります。

もし健康であることだけを目的とするなら、室内でエアロバイクを漕いだりするのが一番安全で低リスクな方法かもしれません。

健康かそうでないかというのは、非常に主観的でパーソナルなどちらかというと「感覚」に近いもので、身体だけでなく、心の状態も併せて考えたほうが良さそうです。

少なくともここ1年以上、風邪はひいていませんので

体調は「概ね良好」程度には保たれていると思います。

環境の変化

身体的な変化だけでなく、生活環境も少しだけ変わってきました。

早寝早起きと時間の有効活用

朝起きて、まだ暗いうちに家を出て、走り終えて帰る頃に日が昇り始める、というのが好きなんです。(夏は朝4時くらいからすでに明るいですが・・)

そのためには早く起きなければなりません。お店の準備もあり、たとえばケーキを焼く日はオーブンにセットして焼き上がりまでの数十分間走ってくる

また夕方でしたら、コーヒー豆の焙煎器を稼働しながら煎り上がりまでの20分間、近所の中学校のまわりを周回するというように効率的に時間を使えるようになった気がします。

朝早く起きた分、夜眠たくなる時間もしぜん早くなり、さいきんでは日付が変わるまで起きているようなことはほとんどなくなってしまいました。

お客様が増えた

うちのお客様、やはりご近所の方が多いです。

ですから、走っているとよくすれ違ったりします。

当然、挨拶させていただくのですが、そうすると翌日

そのお客様が、「頑張ってるね!」と声かけながら来店してくださったりするのです。

大変ありがたいことです。

また、中にはランニングをご趣味にされておられるお客様も多く、いろいろとヒントになるようなことを教えていただいたりもしています。

大変ありがたいことです。

服を買わなくなった

朝晩走るとなると、起きてランニングウェアに着替えて走って、仕事着に着替えて、お店終わったらランニングウェアに着替えて走って・・・

とまどろっこしいことしているとそれだけで結構な手間になってしまいます。

いつでも走れるように、最近は仕事中もランニングできる格好になっています。夏は吸水の良いTシャツにショートパンツ、冬は下に長袖とタイツを履いていれば十分暖かいのです。

おかげで今年はまだ一つも洋服代の出費がありません。

店にいらしたお客様からも格好を見て

「マスター、走ってるんだ?」と声かけていただいたりもするので、これも一つの習慣として定着してしまいました。


問題点

私の性分に合っていたようで、意外と良いことづくめに思えるランニングという趣味なのですが、ひとつだけ困ったことがあります。

それは、

 

 

道すがらのアイスが美味しくて仕方ないのです。

折角走ってるのに、何の意味もないかなー、と思いながらもこればかりはやめられない!むしろ美味しくアイスを食べるために走ることを続けている、ということができるかも知れません( ゚Д゚)

おすすめは、なんといっても「森永チョコモナカジャンボ」ですね。

殆どどのお店でも売っていますし、モナカの外装のおかげで溶けてこぼれたりしない。

齧りながらひとたび走ってみますと、

「あー甘い成分が直接脳に入ってきてるなー(*´Д`)」という感覚を味わいつつ、もう一段階ペースを上げたパフォーマンスが期待できます。

※実際は食べてすぐ脳にアイスの糖が入ることはありませんし、危ないので歩道の広いところでしかこんなことできません。

傍から見るとくだらないことかもしれないのですが、あんがい、こんなことがランニングを長く続ける材料になっているのかもしれません。


まとめ

そろそろ体重も気になってきたし、何か運動したいなーと思っておられる方も少なくないと思います。

ランニングが(いわゆる)ダイエット(とよばれるものに)最善の方法とまでは言い切れませんが、たぶん、思っているよりもつらいものではないですよ。

私も、初日は1キロ走るのがやっとでしたし、今でも「どうしても気持ちが乗らないな」というときは思い切ってウォーキングに切り替えたりします。(そのうちなかなか進まないのに苛立って、またランに戻ったりするのですが・・・)

とくに道具が必要なわけでもありませんし、思い立ったらすぐ始められるのは、他にはない大きな利点ではないでしょうか?

あ、でもシューズだけは、ケガ予防のためにも足に合うものをよく選んでください。

今日始めてみようかな!と思われた方はぜひ、300メートルでもいいので近所を一周してみてくださいね!

 

 

おわります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA